著作物・メディア掲載 -Publication-

学術論文・著作物インタビュー・特集記事講義・講演活動その他

  書籍

課題研究メソッド 新興出版社啓林館

社会や学術における課題の解決に必要な基礎力を身につけるために、課題の発見の仕方から分析の方法、データ収集の方法、それらをまとめる方法を高校生以上が分かるようにまとめました。

チェックリストや評価基準、ルーブリックなどの補助教材も充実しています。

      

学術論文

・III-V型半導体中のバレー自由度を用いた新たなスピンホール効果の電気的制御方法に関する論文。

Okamoto, N., et al. “Electric control of the spin Hall effect by intervalley transitions.” Nature materials 13.10 (2014): 932-937.

これまでスピンホール効果の電気的な制御法は、二次元電子ガス等を用いた試料構造(RashbaDresselhaus項のスピン軌道相互作用を誘起 )によるものが主流であったが、この発見によりIII-V型半導体中の内部自由度である電導バンドにあるサテライトバレー(L-valley やX-valley)に電子を電圧印加により遷移させる事でスピンホール効果を電気的に制御する事が可能となった。

Yahoo! Japanニュースに掲載されました。「スピンホール効果の電気制御に世界で初めて成功したケンブリッジ大留学生が地方再生の教育ベンチャー設立へ」。

南日本新聞 2014年8月12日朝刊、EE Times Japan等に紹介されました。

・高電場印加下における真性InGaAsのスピン寿命に関する論文

Okamoto, Naoya, et al. “Spin current depolarization under high electric fields in undoped InGaAs.” Applied Physics Letters 98.24 (2011): 242104.

・バレー自由度を用いたスピンホール効果の電気的制御法、及び関連する物理現象に関する解説論文

 岡本尚也, “バレー自由度を用いたスピンホール効果の電気制御 (〈スピントロニクスの新展開 : スピン変換現象を中心に〉特集号) — (光によるスピン制御)
Electric control of the spin Hall effect by using intervalley transition”. 固体物理 50(11), 697-707, 2015-11 アグネ技術センター

nature  apl  kotai

 

オンライン連載・掲載

・東洋経済オンラインにて連載 オックスフォード×ケンブリッジ 英国流創造と学びの技法

イギリスへの留学、並びに日本における経験から、日本社会の可能性や課題、人が新たなものを創る際に必要となるものについて考察しています。

toyoba

・BEST TIMES 現在観測 「誰も教えてくれない、「グローバル化」の本質」

グローバル化によって生じる「価値の相対化」およびローカル化(ローカライズ)の必要性について考察しました。

gennzai

 

インタビュー

・ベネッセ教育総合研究所 『VIEW21』高校版 2012年度 12月号【特集】「地域に生きる人材を育てる」

地域に生きることの価値、地域に生きる人に必要な力、海外に出たことで見えてきた鹿児島と日本の魅力、自分の生き方について、ケンブリッジ大学在学中にインタビューをしていただきました。

 view21  benesse

・Yahoo! Japanニュース 「日本の大学 アジアで首位固め 大学世界ランキング」

大学の世界ランキングから日本の大学の課題や可能性について述べさせていただきました。

yahoointerview

・女性自身 「シリーズ人間」にて特集して頂きました。ケンブリッジ大でも注目された若者が説く「地方と世界つなぐ教育」

大学・研究関連

若手向けスクール スピントロニクスとスピン流 @東北大学 SPINTRONICS & SPIN CURRENT Organized by Nano spin Conversion Science, ERATO Spin Quantum Rectification, ICC-IMR.

スピントロニクスの若手研究者向けのスクールにて著名な研究者の先生方と共に、研究内容、及び理系研究の重要性や社会における優位性についてお話させて頂きました。

  school1   school2

・東京工業大学大学院理工学研究科 基礎物理学専攻・物性物理学専攻合同セミナー –理系学生のための可能性を広げる進路選択–

理系の大学院生向けに進路選択時や日常の研究活動の中で意識すべき点についてお話させて頂きました。

toko

高校での講義・後援

・全国の高校や教育委員会での行事にて課題研究講座・及び講演を行っています。

青森県立青森高等学校、埼玉県立浦和高等学校、群馬県立高崎高等学校、群馬県立前橋高等学校、石川県立七尾高等学校、滋賀県立膳所高等学校、岡山県立岡山朝日高等学校、岡山県立一宮高等学校、岡山県立津山高等学校、岡山県立勝山高等学校、熊本県立済々黌高等学校、宮崎県立宮崎大宮高等学校、宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校、鹿児島県立甲南高等学校、鹿児島県立大島高等学校、沖縄県立那覇国際高等学校、夏トライ!グレードアップ・ゼミ ~県立高校学力向上推進プログラム~(鹿児島県教育委員会)、郁文館夢学園、神奈川学園、鹿児島修学館中学・高等学校等。

project_research  tsuyamajpg

大学院留学説明会

・東京大学、北海道大学、慶應義塾大学、九州大学(会場責任者)

一般向け

・Future Innovation Cafe #97 イギリスダイアログ3「教育」カフェ

高校生国際シンポジウム実行委員長

全国の課題研究を行っている高等学校を対象に課題研究の発表会、審査会を行っております。鹿児島県立甲南高等学校との共催事業となります。

詳細はこちら

 sympo2   sympo4   sympo3

・東京都次世代リーダー育成道場 合同研修会 (2013年、2014年) 企画および運営責任者。

m05_01 m05_03 m05_02

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0

サイドバナー1

サイドバナー1

サイドバナー2

Copyright© 2016 一般社団法人 Glocal Academy All Rights Reserved.